代表・田代が語る「ファンマーケティング」と「地域ID」構想

Service

7月21日に開催されたオンラインセミナー「まちづくりとデータ利活用 ~多目的アリーナ・プロスポーツを軸としたスマートシティ~」に代表取締役の田代が登壇しました。

■イベント概要

スマートシティに代表されるデータを利活用したまちづくりを、プロスポーツやスタジアム・アリーナという地域のアイコニックな存在を基点として考察し、具体的なデータ利活用のユースケースから社会的インパクトについて検証します。

※オンラインセミナーの概要については、こちらをご覧ください。

このイベントのレポートと収録動画がYahoo!JAPANのメディアで公開されています。

2024年の神戸アリーナのオープンに向けたこのイベントの中で、田代の講演パートでは「企業が顧客にさまざまな体験を提供し、それを通じて企業価値に共感してくれるファンをつくる」ことの事例を北海道・美瑛町の例を交えてお話させていただきました。

また、20年にわたってSynergy!を始めとするプロダクトと当社のコンサルタントやディレクターがお客様と伴走するデジタルマーケティングサービスを通して、企業のCRMを支援してきた田代が考える「これからのCRM」の展望についても説明しています。

セミナー後半のパネルディスカッションでは「応援消費」についてと「インフルエンサー」と「コアなファン」の違いについて語っています。

詳しくはアーカイブされている動画でぜひご覧ください。

(田代の登壇パートは0:45〜 / パネルディスカッションは1:22〜)
  1. TOP
  2. ストーリー
  3. 代表・田代が語る「ファンマーケティング」と「地域ID」構想